明るさの比較

明るさの知識

【明るさの比較】 akarusa hikaku 【昼間の明るさ】は、数万ルックスの明るさらしいですが、それに比較すると太陽が沈んでからの明るさは数字で表すとかなり小さな数字です。 JISで人間が行動する場所に適した明るさの基準が決められているようです。むやみに明るくすれば良いわけではないので、明るすぎると夜も眠れなくなりますし電気代もかかりますので、この位の明るさが必要ですよというような意味合いだと思います。屋内と比較すると屋外の明るさはぐんと低いのが分かります。建物の中は狭いですし光が壁で反射したりしてその効果で明るく見えます。
屋外だと光が反射するものがあればその影響で多少明るくなりますが、一般的には光は反射せずに戻らない事が多いので明るくなりません。つまり室内の撮影はやりやすいのですが、屋外の撮影は難しいと云えます。
よく【道路の明るさの基準】の中で4m先の顔の判別が分かる明るさとか、挙動が分かる明るさなどという表現が出てきますが、これは防犯上で最低限の明るさの基準を設けて不安を少なくして生活をするためのものだと思います。私の勝手な推測ですが、外灯などの照明がなければ真っ暗なわけですから、基準に則った照明が設置されている所であれば4m先の挙動や顔などが判別が可能と考えられたものと思います。月明かりや星明りでいえば一番近いのが満月の夜の明かりがこの当たりの数値に近いのではないでしょうか。
、 月明かりや星明りの明るさというのは、具体的に明るさがイメージしやすいですが、自然の中でそのような明るさの物を意識できるものが身近にないのでしょうね。
因みに、高感度センサーのカメラでテストをしていた時には、【高感度センサーIMX291LEDなし】(IRのLEDもなし)のカメラでは、どのくらいの明るさだとカラーの映像になるのか色々とテストしましたが、私の感想では、1ルックス位でないとカラーにならないように思いました。0.1ルックスでは暗くて写りませんでした。
弊社の防犯灯式カメラの開発の為に、高感度センサーと色んなワット数の白色LEDで試した結果が販売している商品に結びついた次第です。
この防犯灯式カメラの後まもなく、高感度センンサーを上回る低照度感度が優れた最新のSONYのSTARVISが市場に出たので、早速、試験してみましたが、高感度センサーよりも数分の1の明るさでも明るく鮮明な映像が出たので驚きました。
実は、以前から高感度センサーIMX291のLEDなしのカメラで夜間のカラー監視で販売ができないかと思い、何度もテストを重ねましたが残念ながら0.1~1ルックスの環境では思うような映像が出ませんでした。
その時に出した結論が【防犯灯式カメラ】です。従来の高感度センサーのIMX291では、4~9ワットの白色LEDで照らさないとカラーにはなりません。高感度センサー以外のセンサーでは20~30ワット位の白色LEDでないとカラーにはならないと思います。
このワット数では一般的な外灯より明るすぎて近所迷惑になるかもしれません。
夜間の撮影場所には、0~数ルックスと幅がありますから、防犯灯式カメラのように白色LEDで照らす事での威嚇効果や外灯の照度が高い環境では、0.1ルックス以上の明るさであれば新しいセンサーIMX327であればカラーの映像になると思います。
いづれにしても【0ルックスの真っ暗】でも防犯灯式カメラか最新のIMX327であれば防犯灯式カメラの数分の1程度の2ワットの白色LEDであれば30m先まで鮮明なカラー画像になりました。
私もスターライトという言葉を使いますが、参考に明るさの比較図を載せましたが、下の星明りは、0.001ルックスなので1/1000ルックスですが、現実的にはこんなに暗いと特殊なものしかカラーでは映りません。このような画像センサーが登場する日を待ちたいものです。

サブコンテンツ

売れ筋ランキング

  • スターライトカメラAHD6572-WL4

    AHD6572-WL4

    AHD6572-WL4は、従来の高感度センサーIMX291 1/2.8"(2015年-2月~),IMX185 1/2"(2013年-8月~)より感度と超低照度特性が向上しました。2Wの白色LEDは余り明るくありませんが、夜間のカラー監視が可能です。暗闇の駐車場の監視カメラとして使用すれば、30m先まで昼間に似たカラーの映像なので見やすくセキュリティーの向上に期待が持てます。
    AHD6572-WL4(白色LED 2W, 4mm )
    4IN1:AHD, CVI, TVI, アナログに対応

  • ダーファXVR Lite Series DH-XVR5104HS-X

    DH-XVR5104HS-X

    ダーファは、世界的なセキュリティー商品などを製造するメーカーです。ダーファXVR でこのLiteシリーズは、高コストパフォーマンスと高品質を目的として設計されています。
    初代のCVI専用のDVRと比較するとメニューの改良で操作性が非常によくなった上に大幅な機能の向上が図られておりますので、品質と性能の両方を求められるユーザーに最適なXVRになりました。
    1)Embedded Processor
    2)Embedded LINUX
    3)アナログHD(AHD,CVI,TVI,cvbs)に対応:4Channel
    4)IPカメラ:4+2 Channel
    5)圧縮:H.265+/H.265/H.264+/H.264
    6)解像度:1080P, 1080N, 720P, 960H, D1, CIF

  • 防犯灯式カメラCL-868

    CL-868

    CL-868は、アナログAHDタイプの9ワットのホワイトLEDを搭載した防犯灯式カメラです。このシリーズで一番明るいカメラなので犯人の威嚇になりますし、LEDの到達距離は25m先まで暗闇での鮮明なカラーの監視や録画が可能です。
    1)AHD 2メガピクセル SONY 1/2.8" IMX291
    2)最低被写体照度 0.001lux(IR off)
    3)ホワイトLED到達距離 25m
    4)レンズ:固定レンズ4mm/ option 6mm
    5)電源:DC12V 9W
    6)IP:IP66

  • ワンケーブルユニット4ch TT-304PV-HD

    同軸ワンケーブルユニット
    ☆主要な防犯カメラ規格に対応しています ( アナログ・AHD・HDCVI・HDTVI )
    ☆通常の2ケーブルカメラを安価でワンケーブル化できる画期的なワンケーブルユニットです。
    ☆同軸ケーブルに映像信号と電源を重畳してカメラ側まで1本の同軸ケーブルで転送する受信機と送信機、電源のセットです。
    ☆カメラ側で電源が取れない場合や、既存の同軸ケーブルのカメラシステムの更新では、ワンケーブルカメラより安価にできます。
    ☆DC36Vアダプター使用。

  • 防犯灯式カメラCL-509

    CL-509は、アナログAHDタイプの4ワットのホワイトLEDを搭載した防犯灯式カメラです。このシリーズの中では近距離用のカメラで犯人の威嚇になりますし、LEDの到達距離は15m先まで暗闇でもカラーの監視や録画が可能です。
    CL-868よりホワイトLEDのワット数が半分位になりますので、LEDの到達距離が15m位になります。
    1)AHD 2メガピクセル SONY 1/2.8" IMX291
    2)最低被写体照度 0.001lux(IR off)
    3)ホワイトLED到達距離 15m
    4)レンズ:固定レンズ4mm/ option 6mm
    5)電源:DC12V 4W
    6)IP:IP66

何か質問がありましたら何でも構いませんのでメールを送って下さい。

商品や機能や価格などの質問に関しては、メールにてお問合せ下さい。新しい商品が多いので在庫が無い時もありますので、事前に連絡をお願いします。
弊社は長年、卸しの仕事をやってまいりましたので、少しはお役に立てるのではないかと思っております。
監視カメラは、ここ数年の間に中国勢がアナログHDの世界でかなりシェアを伸ばしてきました。その理由は、10年以上前から中国からカメラやDVRのサンプルを取ってきましたので感じますが、昔は価格だけが魅力でしたが現在は、価格の低さと高い品質が伴っております。そして、資金力のあるメーカーが多くなってきたので、台湾製の商品よりハード、ソフトの品質が高くなったように思います。

このページの先頭へ