駐車場の防犯カメラ

駐車場の防犯カメラ

night parking2
日本も【車社会】になって久しいですが、住宅地を見ると1世帯に2台くらい保有している感じがします。人が車で活動するにあたってどうしても色んな場所に駐車場が不可欠な存在になります。通勤の為に駅の近くに預けることもあれば、職場の近くに置くこともありますし、夜間には自宅の駐車場や契約した駐車場に預けることもあり、毎日の生活の上では、密接な関わりがあります。
然し、現実問題として駐車場では、色んな【トラブルや犯罪】
が起こる可能性があります。運転中に無意識に隣の車にこすったり、停車している時にドアをぶつけたりすることもあるとは思いますが、多くは意図的にトラブルや犯罪の意識があって発生しているようです。
トラブルを意図的に起こそうとする人は、周りに注意して気づかれないようにするわけですから、なかなかそのタイミングで現行犯で見つけるのは難しくなります。
car rear hito mono & color hikaku そして、最近は高価な車に乗っている方も多いですから、預けた駐車場が本当に安心なのか気になるものです。個人の方でも自宅の駐車場や家の周りに監視カメラを設置されている方が少しづつ増えたいるようですので、やはり【、自分の財産】
は自分で守らないとという気持ちの表れだと思います。
下の映像は、どこにでも見られる少し狭い道路と住宅地と右は駐車場の画像です。日本では、住宅地や駐車場などで【外灯を設置する最低限の基準】が設けられていますので、住宅地であれば、30~40m置きに外灯が設置されているようで、以前は丸い白熱電球でしたが現在はLEDに切替わっていっているようです。ですから以前よりは明るくなったような感じがします。
外灯の直下では数ルックスと非常に明るいのですが、10、20mと離れるとやはり暗くなります。【外灯から10m以上】離れたら光源からは15mははなれているでしょうからその場所の明るさだと4m先の人の顔の判別ができるのかなと思いますし、もう少し離れれば4m先の人の挙動くらいしか分からないのではと思います。
明るさの比較でも書きましたが、満月の時の明るさが0.3ルックスとすると4m先の人の顔は厳しそうな感じがしますが、挙動は分かりそうな感じがします。今度、低光源で測れる照度計で測ってみます。
夜間も昼間みたいに最と明るくすれば犯罪が少なくなるのではと思いますが、やはり多大なコストがかかりますので、コストを考えてバランスよくやっていくしかないのではないでしょうか。
明るさの感覚がなぜ大事なのかは、いわゆる監視カメラの性能は、いわゆるメーカー(組立てメーカー)が努力しても性能が上がるわけではなく、【映像の品質は画像センサー】で性能が決まってしまいます。やはり良い物は少々コストがかかりますが、弊社は、基本的にSONYブランドの高感度センサーを選んでおります。ですから【夜間の白黒の映像に不満や不安】を感じておられる方がいたら選ばれたカメラの画像センサーは何を使用しているかを確認していただきたいと思います。映像の品質は画像センサーよりも下がる事はあってもそれ以上の性能にはならないと思います。
昼間の数万ルックスという明るさの映像と太陽が沈んでからの1ルックス以下の映像とでは、1ルックス以下の映像の鮮明さは非常に低いです。殆どのカメラが夜間には白黒ですから、同じようなカメラを選ぶしかないようになるのでしょう。
今までの監視カメラでは、外部から容量の大きな白色LEDで照射しない限りは、夜間のカラー撮影は出来ませんでした。然し、最近になって高感度の画像センサーと照明器具の白色LEDの普及に後押しされて、監視カメラにも使用できるようになったことで弊社の【防犯灯式カメラ】が出現してきました。
話が前後しますが、照明器具の白色LEDも結構な熱が出ますが、監視カメラに搭載する時もこの熱が大きな問題になります。然し、IMX291のような高感度センサーであれば5~10W位の白色LEDで10~30m先の暗闇でのカラー暗視が可能になります。又、この後継のIMX327の画像センサーは今年から量産化されておりましてその低照度の性能はIMX291の数倍高くなっています。10Wの白色LEDが必要だったのが、わずか2WのLEDで更に【暗闇での鮮明なカラー暗視】が可能になりました。

【弊社がお勧めする提案】としましては、下記のような真っ暗な環境でカラー暗視ができるスターライトカメラや白色LEDで威嚇が出来る防犯灯式カメラをお勧めします。
又、満月程度の光源0.3ルック以上の環境では、白色LEDがないスターライトカメラAHD6572-NL4でもカラー監視ができるのでお勧めです。
【4IN1タイプのスターライトカメラAHD6572-WL4】2W LED付
【4IN1タイプのスターライトカメラAHD6572-NL4】LEDなし
【IPスターライトカメラIPH6572-WL4】2W LED付
【IPスターライトカメラIPH6572-NL4】LEDなし

AHD6572-WL4

【防犯灯式カメラCL-868】

CL-868は、アナログAHDタイプの9ワットのホワイトLEDを搭載した防犯灯式カメラです。このシリーズで一番明るいカメラなので犯人の威嚇になりますし、LEDの到達距離は25m先まで暗闇での鮮明なカラーの監視や録画が可能です。

CL-868

サブコンテンツ

売れ筋ランキング

  • スターライトカメラAHD6572-WL4

    AHD6572-WL4

    AHD6572-WL4は、従来の高感度センサーIMX291 1/2.8"(2015年-2月~),IMX185 1/2"(2013年-8月~)より感度と超低照度特性が向上しました。2Wの白色LEDは余り明るくありませんが、カラー暗視が可能です。暗闇の駐車場の防犯カメラや車の防犯カメラとして使用すれば、30m先まで昼間に似たカラーの映像なので見やすくセキュリティーの向上に期待が持てます。
    AHD6572-WL4(白色LED 2W, 4mm )
    4IN1:AHD, CVI, TVI, アナログに対応

  • ダーファXVR Lite Series DH-XVR5104HS-X

    DH-XVR5104HS-X

    ダーファは、世界的なセキュリティー商品などを製造するメーカーです。ダーファXVR でこのLiteシリーズは、高コストパフォーマンスと高品質を目的として設計されています。
    初代のCVI専用のDVRと比較するとメニューの改良で操作性が非常によくなった上に大幅な機能の向上が図られておりますので、品質と性能の両方を求められるユーザーに最適なXVRになりました。
    1)Embedded Processor
    2)Embedded LINUX
    3)アナログHD(AHD,CVI,TVI,cvbs)に対応:4Channel
    4)IPカメラ:4+2 Channel
    5)圧縮:H.265+/H.265/H.264+/H.264
    6)解像度:1080P, 1080N, 720P, 960H, D1, CIF

  • 防犯灯式カメラCL-868

    CL-868

    CL-868は、アナログAHDタイプの9ワットのホワイトLEDを搭載した防犯灯式カメラです。このシリーズで一番明るいカメラなので犯人の威嚇になりますし、LEDの到達距離は25m先まで暗闇での鮮明なカラーの監視や録画が可能です。
    1)AHD 2メガピクセル SONY 1/2.8" IMX291
    2)最低被写体照度 0.001lux(IR off)
    3)ホワイトLED到達距離 25m
    4)レンズ:固定レンズ4mm/ option 6mm
    5)電源:DC12V 9W
    6)IP:IP66

  • ワンケーブルユニット4ch TT-304PV-HD

    同軸ワンケーブルユニット
    ☆主要な防犯カメラ規格に対応しています ( アナログ・AHD・HDCVI・HDTVI )
    ☆通常の2ケーブルカメラを安価でワンケーブル化できる画期的なワンケーブルユニットです。
    ☆同軸ケーブルに映像信号と電源を重畳してカメラ側まで1本の同軸ケーブルで転送する受信機と送信機、電源のセットです。
    ☆カメラ側で電源が取れない場合や、既存の同軸ケーブルのカメラシステムの更新では、ワンケーブルカメラより安価にできます。
    ☆DC36Vアダプター使用。

  • 防犯灯式カメラCL-509

    CL-509は、アナログAHDタイプの4ワットのホワイトLEDを搭載した防犯灯式カメラです。このシリーズの中では近距離用のカメラで犯人の威嚇になりますし、LEDの到達距離は15m先まで暗闇でもカラーの監視や録画が可能です。
    CL-868よりホワイトLEDのワット数が半分位になりますので、LEDの到達距離が15m位になります。
    1)AHD 2メガピクセル SONY 1/2.8" IMX291
    2)最低被写体照度 0.001lux(IR off)
    3)ホワイトLED到達距離 15m
    4)レンズ:固定レンズ4mm/ option 6mm
    5)電源:DC12V 4W
    6)IP:IP66

何か質問がありましたら何でも構いませんのでメールを送って下さい。

商品や機能や価格などの質問に関しては、メールにてお問合せ下さい。新しい商品が多いので在庫が無い時もありますので、事前に連絡をお願いします。
弊社は長年、卸しの仕事をやってまいりましたので、少しはお役に立てるのではないかと思っております。
監視カメラは、ここ数年の間に中国勢がアナログHDの世界でかなりシェアを伸ばしてきました。その理由は、10年以上前から中国からカメラやDVRのサンプルを取ってきましたので感じますが、昔は価格だけが魅力でしたが現在は、価格の低さと高い品質が伴っております。そして、資金力のあるメーカーが多くなってきたので、台湾製の商品よりハード、ソフトの品質が高くなったように思います。

このページの先頭へ