感染症対策のコラム

1.サーマルカメラ スクリーニング

サーマルカメラ(赤外線サーモグラフィーカメラ)は、非接触で体表面温(額の部分)を測定して瞬時に発熱のしきい値を超えていないかを連続的に判断いたします。しきい値を超えた場合は、検温者や周りにアラーム音声で知らせたり画面でお表示して記録をします。
従来のサーマルカメラは、非常に高額だった為にタブレット型サーマルカメラが開発され多く導入されています。
サーマルカメラは、周囲の環境(直射日光、空調の室温や空気の流れ等)で影響を受けますので、基本的に室内の安定した状態での検温、正しい検温の距離や顔の向きでないと正確な値になりませんので、注意が必要です。
日常の検温履歴を見て正しく検温がなされているか確認する事が大事です。おかしいなと思ったら業者さんに相談されることを勧めます。低温ばかりが続くと発熱者が出無い事になりスクリーニングをしていない事になりかねません。
発熱者の追跡も出来なくなります。

2.サーマルカメラ 病院

コロナウィルス感染症対策商品として、スクリーニングを行うサーマルカメラは、色んな場所で普及しておりますが、多くの患者さんが来られる病院の外来や診療科の窓口などでも用いられております。
一人一人を検温できるタブレット型サーマルカメラが良く用いられているようです。
一般の会社で用いられている検温しか出来ない物よりも単独でも検温の履歴の確認や再設定ができる機種がお勧めです。最近は、検温時にレシートに印刷できる機種もあり、更にお勧めします。
それらのサーマルカメラ 病院 です。

3.サーマルカメラ 問題点

コロナウィルス感染症対策商品として、20年から普及したサーマルカメラは、大きく分けると2種類になります。1つは従来のサーマルカメラタイプでもう1つはタブレット型サーマルカメラです。それぞれ特徴はありますが、基本的な取扱いは大体同じです。多くのサーマルカメラが単独で検温をされていますが、体温計では無くてスクリーニングを行う装置だという事です。
日々の検温が済んだらそれで終わりではありません。必ず、検温の履歴を見て正常に検温が出来ているか確認が必要です。
それらのサーマルカメラ 問題点 です。

4.サーマルカメラ お勧め

サーマルカメラにも色んなな種類があります。
カメラタイプの物とタブレット型のサーマルカメラがあります。従来のサーマルカメラは、100万円を超えるほど、高価でしたのでコストダウンを図って新しく開発されたのがタブレット型サーマルカメラです。
内容的に、単独では検温しか出来ないものと単独で検温の履歴やメニューを開けるものがあります。
単独では検温しか出来ないものもパソコンに接続して管理できるものも多いと思われますが、検温だけで済まされている方が多いようです。
それらのサーマルカメラ お勧め です。

5.サーマルカメラ 検温履歴

サーマルカメラには、カメラタイプの物とタブレット型のサーマルカメラがあります。従来のサーマルカメラは、100万円を超えるほど、高価でしたのでコストダウンを図って新しく開発されたのがタブレット型サーマルカメラです。
カメラタイプの物は、カメラとは別途にパソコンが必要でwindowsの専用ソフトで検温のライブの動作の監視や記録データの管理などを行います。
タブレット型サーマルカメラもリナックスタイプの多くは、単独では検温しか出来ませんので検温のライブ監視や検温の履歴を見るには、パソコンが必要になります。 同じタブレット型でもアンドロイドタイプは、CPUの性能が高いのでタッチパネルやマウス操作でメニューを開いて、検温履歴や種々の設定を行う事が出来ます。
それらのサーマルカメラ 検温履歴 です。

6.サーマルカメラ 体温低い

サーマルカメラは、体温を測る体温計と異なり、体表面温で検温するので設置場所の環境に合うのかを検証してから誤差が少ない様に調整しますから、実際の体温よりも低く出る事はあります。問題なのは、それがばらつきの範囲であれば良いのですが、それを超えて例えば、1℃低い温度が検温者全員に渡って計測する事です。
これが発生してしまうと、最初の設定に問題がありますので、これを修正しないとスクリーニングの意味が全くなくなってしまいます。
それらのサーマルカメラ 体温低いを説明しました。

7.サーマルカメラ 安い

サーマルカメラにも色んなな種類があります。
カメラタイプの物とタブレット型のサーマルカメラがあります。従来のサーマルカメラは、100万円を超えるほど、高価な商品でしたが、段々普及するにつれコストダウンされていきました。
一番、安価に感じる単独使用のタブレット型サーマルカメラですが、機能的には検温だけしか出来ないので、設置環境を考えることなく設置してしまうと検温が正しく出来無い事が多く発生する事になってしまいます。
後のフォローが出来ないとなると、逆に高い物になってしまいます。
最低限、タブレット型サーマルカメラにアクセスできる環境のものを選べば、検温履歴や再設定が可能なので、良く検討されればと思います。 それらのタブレット型サーマルカメラ 安いを説明しました。

サブコンテンツ

売れ筋ランキング

  • リナックスタイプ FRT-P8-J

    概要
    主な機能:
    ・非接触の顔認識・体表面温・マスク検出で±0.3°の検温精度
    ・0.3~0.6mの検出距離
    ・音声アラームをサポート(異常な温度の場合、マスクなし)
    ・独自の顔認識アルゴリズムで認識精度99.7%。
    ・顔認識時間は、1秒以下
    ・顔データベース20,000件
    ・8インチIPS-HDディスプレイ
    ・人間の体表面温を検温したり、マスクの着用を検査することにより、COVID-19の流行を防ぐために使用されます
  • リナックスタイプ T4

    概要
    ・非接触の顔認識・体表面温・マスク検出で±0.3°の検温精度
    ・センサーは、高品質ブランドメーカーのベルギー製
    ・0.3~0.6mの検出距離
    ・音声アラームをサポート(異常な温度の場合、マスクなし)
    ・独自の顔認識アルゴリズムで認識精度99.7%。
    ・顔認識時間は、1秒以下
    ・顔データベース50,000件
    ・7インチHDディスプレイ
    ・人間の体表面温を検温したり、マスクの着用を検査することにより、COVID-19の流行を防ぐために使用されます

何か質問がありましたらメールを下さい。

商品や機能などの質問に関しては、メールにてお問合せ下さい。

このページの先頭へ