タブレット型サーマルカメラ|発熱者が出ない

体温が低く出る
・タブレット型サーマルカメラは、スクリーニングをする装置です。単純に体表面温を検温する装置ではありません。
内臓されたセンサーだけで検温をするわけではないので、注意が必要です。接触型の体温計であれば、脇の下などに挟めて直ぐ利用できますが、サーマルカメラは、そういう訳にはいきません。タブレット型サーマルカメラを最初に設置してから、設置の場所によっては、空調や外光、電波などの影響があるかも分かりません。何も考えずにそこでOKという事でやってしまうと、特に、検温の履歴が出来ない物をそのまま使用すると低温が連続的に出る可能性があります。つまり、毎日、発熱者が出なかったでは済まされなくなってしまいます。設置場所によっては、季節によっては外光が当たったりして向きを変えたりとかしないといけない事も出るかもしれません。 従業員の方でも、検温の状態を見ると前髪が長くて髪で検知してしまい、低温で出たりする事もあります。タブレットと顔の位置や向きを決められたようにしないと、誤差が出る可能性があります。
従来のカメラ型のサーマルカメラは、黒体と呼ばれる基準温の装置と共に使用荒れてきたのですが、あまり高価な商品であったので、身近に使うためにコストダウンした廉価な商品が開発されてきました。
サーマルカメラのセンサーが熱を測って体表面温を出している訳では無くて、ソフトで処理をして検温の温度を出します。ソフト上で色んな条件で処理をしますので、時にはソフトのfirmwarerのupgrade等があります。
upgradeで機能が上がったりした時に、検温だけのタブレット型サーマルカメラでは、upgradeが出来ないのでお手上げになってしまいます。
出来れば、顔が見える販売店さんやフォローが出来る方からの購入をお勧めします。
タブレット型サーマルカメラの問題点
概要
・固定のサーマルカメラは、PCのソフトで管理されていますので検温の履歴を見ることはできますが、原理的にはタブレット式のサーマルカメラも、PCを使わないと検温の履歴が見えない機種が多いと思われます。
・日常の検温の履歴を見る事が出来ないと、全く発熱者が出てこないという事が出てきます。万が一、発熱者が来ても追跡も出来ない事になってしまい、機能を果たせない事になります。更に、設置時には設定をされているとは思いますが、その後の環境の変化があっても検温の変化が分からないので設定のしようがありません
・リナックスタイプの多くは、単独ではライブでの検温しか出来ませんが、ルーターを使う事でタブレットサーマルカメラのWEBSERVISのメニューを開き検温履歴や設定メニューを開く事が出来ます。
・閲覧するスマホの画面が小さいですが、基本的な設定の変更や検温の履歴(snap写真と検温日時の情報)の閲覧が可能です。
サブコンテンツ

売れ筋ランキング

  • アンドロイドタイプ SK8000

    概要
    ・SK800のアンドロイドタイプでは、マウスにより画面にカーソルが出ますので、メニューに従って操作を行います。通常の検温は、画面に向かって行います。
    メニューに入るには、ログインの画面があり、ログインすると右の画像の上から「顔検出」「画面」「測温」「設備」の主なメニューになります。
  • リナックスタイプ FRT-P8-J

    概要
    主な機能:
    ・非接触の顔認識・体表面温・マスク検出で±0.3°の検温精度
    ・0.3~0.6mの検出距離
    ・音声アラームをサポート(異常な温度の場合、マスクなし)
    ・独自の顔認識アルゴリズムで認識精度99.7%。
    ・顔認識時間は、1秒以下
    ・顔データベース20,000件
    ・8インチIPS-HDディスプレイ
    ・人間の体表面温を検温したり、マスクの着用を検査することにより、COVID-19の流行を防ぐために使用されます
  • リナックスタイプ T4

    概要
    ・非接触の顔認識・体表面温・マスク検出で±0.3°の検温精度
    ・センサーは、高品質ブランドメーカーのベルギー製
    ・0.3~0.6mの検出距離
    ・音声アラームをサポート(異常な温度の場合、マスクなし)
    ・独自の顔認識アルゴリズムで認識精度99.7%。
    ・顔認識時間は、1秒以下
    ・顔データベース50,000件
    ・7インチHDディスプレイ
    ・人間の体表面温を検温したり、マスクの着用を検査することにより、COVID-19の流行を防ぐために使用されます

何か質問がございましたらメールを送って下さい。

このページの先頭へ