夜間の防犯カメラ

明るさの知識

【明るさの比較】 akarusa hikaku 【昼間の明るさ】は、数万ルックスの明るさらしいですが、それに比較すると太陽が沈んでからの明るさは数字で表すとかなり小さな数字です。 JISで人間が行動する場所に適した明るさの基準が決められているようです。むやみに明るくすれば良いわけではないので、明るすぎると夜も眠れなくなりますし電気代もかかりますので、この位の明るさが必要ですよというような意味合いだと思います。屋内と比較すると屋外の明るさはぐんと低いのが分かります。建物の中は狭いですし壁で反射したりして反射のの効果があり明るく見えます。
屋外だと光が反射するものがあればその影響で多少明るくなりますが、一般的には光は反射せずに戻らなないので明るくなりません。つまり室内の撮影はやりやすいのですが、屋外の撮影は難しいと云えます。
よく【道路の明るさの基準】の中で4m先の顔の判別が分かる明るさとか、挙動が分かる明るさなどという表現が出てきますが、これは防犯上で最低限の明るさの基準を設けて不安がなく生活をするためのものだと思います。私の勝手な推測ですが、外灯などの照明がなければ真っ暗なわけですから、基準に則った照明が設置されている所であれば4m先の挙動や顔などが判別が可能と考えられたものと思います。月明かりや星明りでいえば一番近いのが満月の夜の明かりがこの当たりの数値に近いのではないでしょうか。
、 月明かりや星明りの明るさというのは、具体的に明るさがイメージしやすいですが、もう少し明るい1ルックスから5ルックスに例える明るさが見合ったらないと思いました。自然の中でそのような明るさの物を意識できるものが身近にないのでしょうね。
因みに、高感度センサーのカメラでテストをしていた時には、【高感度センサーIMX291LEDなし】(IRのLEDもなし)のカメラでは、どのくらいの明るさだとカラーの映像になるのか色々とテストしましたが、私の感想では、1ルックス位でないとからーにならないように思いました。0.1ルックスでは暗くて写りませんでした。
弊社の防犯灯式カメラの開発の為に、高感度センサーと色んなワット数の白色LEDで試した結果が販売している商品になった次第です。
この防犯灯式カメラの後まもなく、高感度センンサーを上回る低照度感度が優れた最新のSONYのSTARVISが市場に出たので、早速、購入して試験してみると、高感度センサーよりも1/5の照度でも優れた明るく鮮明な映像が出たので驚きました。
内輪話ですが、昨年から高感度センサーIMX291のLEDなしのカメラで販売ができないかと思い、何度もテストを重ねましたが残念ながら0.1~1ルックスの環境では思うような映像が出ずに断念しました。
その時に出した結論が【防犯灯式カメラ】です。従来の高感度センサーのIMX291では、4~9ワットの白色LEDで照らさないとカラーにはなりません。高感度センサー以外のセンサーでは20~30ワット位の白色LEDでないとカラーにはならないと思います。
このワット数では一般的な外灯より明るすぎて近所迷惑になるかもしれません。
夜間の撮影場所には、0~数ルックスと幅がありますから、防犯灯式カメラのように白色LEDで照らす事での威嚇効果や外灯の照度が高い環境では、0.1ルックス以上の明るさであれば新しいセンサーIMX327であればカラーの映像になると思います。
いづれにしましても【0ルックスの真っ暗】でも防犯灯式カメラか最新のIMX327であれば防犯灯式カメラの1/5程度のわずか2ワットの白色LEDであれば25~30m先まで鮮明なカラー画像になります。
私もスターライトという言葉を使いますが、参考に明るさの比較図を載せましたが、下の星明りは、0.001ルックスなので1/1000ルックスですが、現実的にはこんなに暗いと特殊なものしかカラーでは映りません。

駐車場の防犯カメラ

【犯罪が起こる時】
左下の映像は、住宅地のどこにでも見られる風景ですが、この写真と実際の明るさは異なります。実際で見た感じではもう少し暗いと思われます。ある程度の目安が分かる照度計がないとなかなか明るさの感覚は分かりにくいものです。
右下の駐車場らしい映像は外灯が写っていないので照度が分かりにくいのですが、ある程度車の往来がある場所では、街灯の照度はありそうですが、狭い路地を入って行って小規模の駐車場であれば、住宅に近いので少し暗い所もあるのかなと思います。
night parking2
左下の画像は、一般的な20m先をIR LEDで照らすカメラで撮影した白黒の画像です。その右側は、最新の画像センサーIMX327(2ワット白色LED付)で撮影した画像です。私の高級な照度計ではないのですが、目安的にミラーが有る場所の照度は0.1ルックス以下でした。
カメラからミラー迄が20mくらいありますが、わずか2ワットの白色LEDでここまでの映像が出るとは驚きではないでしょうか?
参考ですが、分かりにくいのですが、ミラーの横に小さな花が咲いているのですがその花の黄色まで見えます。勿論、車のナンバーも見えています。
car rear hito mono & color hikaku 住宅地や付近の駐車場で起こるトラブルと云えば壁の落書き、ごみの投棄、車に対するいたずらや犯罪など数をあげたらきりがありませんが、一過性の事であればその時だけの我慢で済みそうですが、これが昼間でなく夜間に繰り返して起こるなると非常に悪質なものを感じます。 警察に届けて、もう起きないかなとホットとするような期待感と安心感がその時にはあるのですが、それが裏切られた時には、大きな空しさと解決までの難しさを感じるものです。
警察の方も結局の所は、【具体的な証拠】がないと犯罪の捜査ができないようで、現行犯か又は、犯罪の瞬間が記録された映像の提出がないと捜査の進展を期待するのは難しいようです。 昼間は、ある程度の人や車の移動があり目が届く所があるので犯罪が起こる事は少ない様に思いますが、どうしても夜間になると人の動きもなくなり外部から人や車が入ってきても分かりにくいものです。
意図していたずらや犯罪を起こそうとする人は、周りに気を配って用心しているのでどうしても、何かが起こった後でないと被害に気が付かなかったというように、朝になったら気が付いたとかになってしまうようです。
個人の住宅では、周りにも多くの住宅があり人通りもあって人の目が届きそうで、夜間のトラブルとは無縁なような気がしますが、意外と建物に対する被害や駐車場にある車に対するいたずらや被害がある事を耳にします。
私の知り合いの方で数年にわたって自宅のアルミ戸のガラスへの投石や車へのいたずらを何度も経験されている方がおられます。最初に被害にあった頃は、警察に相談していたそうですが、長引くにつれて証拠に乏しい為に捜査が進展せずに解決が長期化するようです。
apart parking 最近は、個人宅でも監視カメラを設置されるケースが増えてきました。その際に従来のカメラでは赤外IR LEDが暗くなったら点灯してカメラはカラーから白黒モードに変わります。
確かに赤外線のIR LEDは、真っ暗でも白黒の映像で目に見える利点がありますが、逆にその白黒の映像が欠点でもあります。
人は常にカラーで物事を見ているので、監視モニターに車や人が写っても種類や人の判別が出来ないのでイメージが結び付きにくい所があります。

自動販売機

jido hanbaiki 元々、自動販売機が置かれている環境は、明るくて人通りもあり問題が起こりにくそうな気がしますが、犯罪を起こそうという人は隙を狙ってくるわけですから、誰もいないような時間をめがけて犯罪を犯します。
以前は、テレビなどでも販売機にいたずらなどをする場面が放映されていたりしましたが、最近は、販売機自体に防犯対策やいたずらができないようにされているようで、発生件数が下がっているような印象があります。然し、万が一にトラブルが発生した時に【証明できるものは映像】しかないので、監視カメラの設置の環境が望ましく思います。

住宅・マンション

mantion 住宅地で起こるトラブルと云えば壁の落書き、ごみの投棄、車に対するいたずらなどありますが、一過性の事であればその時だけの我慢で済みそうですが、これが繰り返して起こると非常に悪質なものを感じます。 警察に届けて、もう起きないかなとホットとするような期待感と安心感がその時にはあるのですが、それが裏切られた時には、大きな空しさを感じるものです。
警察の方も結局の所は、【具体的な証拠】がないと犯罪の捜査ができないようで、現行犯か又は、犯罪の瞬間が記録された映像の提出がないと捜査の進展を期待するのは難しいようです。 昼間は、ある程度の人や車の移動があり目が届く所があるので犯罪が起こる事は少ない様に思いますが、どうしても夜間になると人の動きもなくなり外部から人や車が入ってきても分かりにくいものです。
意図していたずらや犯罪を起こそうとする人は、周りに気を配って用心しているのでどうしても、何かが起こった後でないと被害に気が付かなかったというように、朝になったら気が付いたとかになってしまうようです。
night parking 個人の住宅では、周りにも多くの住宅があり人通りもあって人の目が届きそうで、夜間のトラブルとは無縁なような気がしますが、意外と建物に対する被害や駐車場にある車に対するいたずらや被害がある事を耳にします。
私の知り合いの方で数年にわたって自宅のアルミ戸のガラスへの投石や車へのいたずらを何度も経験されている方がおられます。最初に被害にあった頃は、警察に相談していたそうですが、長引くにつれて証拠に乏しい為に捜査が進展せずに解決が長期化するようです。
apart parking 最近は、個人宅でも監視カメラを設置されるケースが増えてきました。その際に従来のカメラでは赤外IR LEDが暗くなったら点灯してカメラはカラーから白黒モードに変わります。
確かに赤外線のIR LEDは、真っ暗でも白黒の映像で目に見える利点がありますが、逆にその白黒の映像が欠点でもあります。
人は常にカラーで物事を見ているので、監視モニターに車や人が写っても種類や人の判別が出来ないのでイメージが結び付きにくい所があります。
マンションでは、多くの方が、長年、共通の近接した環境で生活をしていくので色々な問題が出てきます。古いマンションでは、外部からの人の出入りや車の進入なども制限できない所もあり少なからずトラブルの発生する原因が潜んでおります。又、生活する上でのゴミの処理などでもトラブルが発生する原因になっています。
今の時代、管理人さんがいない所が多いので【セキュリティーの問題】が大きいようです。 そうした内部や外部から引き起こされるトラブルに対して防衛していくには、監視カメラはとても有効な手段になります。
apart gomi

工場・資材置き場

apart gomi 昔は、工場などの敷地に置いている資材の盗難などあまり耳にすることはありませんでしたが、ここ10年くらい前からでしょうか、【色んな資材が盗難】に合うニュースがテレビで放映されることが多くなりました。
そのような犯罪を防ぐために色んなやり方で対策されておられると思いますが、一つの解決手段として監視カメラの設置は有効な方法になると思います。
弊社でも扱っておりますが、従来の殆どのカメラは夜間は白黒の画像なので、近年に高感度の画像センサー(IMX185,IMX290,IMX291など)が開発されましたが、まだ薄暗い所や暗闇ではカラーにはなりませんでした。2018年に入ってから超高感度画像センサーが開発されて量産が進み、今では0.1LUX位のかなり暗い所や暗闇でも明るく鮮明なカラーの監視が可能になりました。
その結果、白黒では分かりにくかった映像にカラーの情報が加わることで証拠能力の向上につながり犯人逮捕の近道になると期待されております。

農地

apart gomi 工場の資材などの盗難と同じようにテレビのニュースなど農業を営んでいる方の大事な【作物の盗難】が度々放映されることが増えました。環境的に外部との区切りがないので簡単に侵入しやすい所がありその対策にも時間とコストがかかり大変な思いをされているようです。
農地の広さによってはフェンスを作って侵入を防ぐ方法もありますが、農地まで電源を引いたり通信の回線を引かないとカメラやレコーダーの設置が難しくなりますのでコストとのバランンスを考えて監視カメラの種類や構成を考えなくてはいけないでしょう。

漁港

apart gomi 普通に考えたら漁港での犯罪とか考えにくいのですが、漁船の盗難とかは少ないと思うのですが、漁船の色んな部品や【漁具や資材の盗難】がある話は聞いたことがあります。
やはり、昼間からはこのような事は起こりにくいと思うので、こういう場所は全て出入りが自由にはなってないと思いますので、侵入経路や人が侵入した際の想定できるエリアを監視するカメラがあれば予防になると思われます。
その際も一つ検討して頂きたいのは、夜間にカラーで監視できるような弊社でお勧めしている監視カメラやレコーダーを是非とも検討して頂ければと思います。

高感度カメラ

一般の方には、分かりにくいのですが、監視カメラで使用されている画像センサーを製造するメーカーは多くありますが、一番に有名なのはSONYです。
画像センサーのメーカーとしては、世界的に評価が高いです。そのセンサーの中でも【Starvis】と云われるセンサーは高感度センサーです。監視カメラの仕様書の上の方にSONY COMSセンサーと書かれて、横に1/2.8" IMX185やIMX291などとセンサーの型名が記入されています。結構、意図的に書かれていないものもありますが。
高感度センサーとだけ書いても型名が無いものは信用できません。SONYの画像センサーの製品情報は、時々目にしますが、従来の高感度センサーは、結構ロングランのセンサーでした。
昨年、久しぶりの高感度センサーだなと思い、今年になって生産されている【IMX327,IMX307】のを知り、従来の高感度センサーよりどの位良くなったのかと思い、早速サンプルを購入してみました。新しいIMX327のセンサーの画像と従来の高感度センサーの画像を比較した時には驚きました。

スターライトカメラ

監視カメラにおいては、カラーの文化というよりは、まだ半分は白黒の文化で、本当にきれいなカラーになったなと云えるまでにはしばらく時間がかかりそうです。
日本の住宅地には、外灯も設置されて真っ暗な場所は少ないので、新しいStarvisのカメラであれば【夜間のカラー化】は実現できるのではないかと思います。
真っ暗な場所でも、白色LEDライトを「ギラギラ」と照らさなくても低電力で広い範囲をカラーで監視する事は可能に思います。

サブコンテンツ

売れ筋ランキング

  • スターライトカメラAHD6572-WL4

    AHD6572-WL4

    AHD6572-WL4は、従来の高感度センサーIMX291 1/2.8"(2015年-2月~),IMX185 1/2"(2013年-8月~)より感度と超低照度特性が向上しました。2Wの白色LEDは余り明るくありませんが、夜間のカラー監視が可能です。暗闇の駐車場の監視カメラとして使用すれば、30m先まで昼間に似たカラーの映像なので見やすくセキュリティーの向上に期待が持てます。
    AHD6572-WL4(白色LED 2W, 4mm )
    4IN1:AHD, CVI, TVI, アナログに対応

  • ダーファXVR Lite Series DH-XVR5104HS-X

    DH-XVR5104HS-X

    ダーファは、世界的なセキュリティー商品などを製造するメーカーです。ダーファXVR でこのLiteシリーズは、高コストパフォーマンスと高品質を目的として設計されています。
    初代のCVI専用のDVRと比較するとメニューの改良で操作性が非常によくなった上に大幅な機能の向上が図られておりますので、品質と性能の両方を求められるユーザーに最適なXVRになりました。
    1)Embedded Processor
    2)Embedded LINUX
    3)アナログHD(AHD,CVI,TVI,cvbs)に対応:4Channel
    4)IPカメラ:4+2 Channel
    5)圧縮:H.265+/H.265/H.264+/H.264
    6)解像度:1080P, 1080N, 720P, 960H, D1, CIF

  • 防犯灯式カメラCL-868

    CL-868

    CL-868は、アナログAHDタイプの9ワットのホワイトLEDを搭載した防犯灯式カメラです。このシリーズで一番明るいカメラなので犯人の威嚇になりますし、LEDの到達距離は25m先まで暗闇での鮮明なカラーの監視や録画が可能です。
    1)AHD 2メガピクセル SONY 1/2.8" IMX291
    2)最低被写体照度 0.001lux(IR off)
    3)ホワイトLED到達距離 25m
    4)レンズ:固定レンズ4mm/ option 6mm
    5)電源:DC12V 9W
    6)IP:IP66

  • ワンケーブルユニット4ch TT-304PV-HD

    同軸ワンケーブルユニット
    ☆主要な防犯カメラ規格に対応しています ( アナログ・AHD・HDCVI・HDTVI )
    ☆通常の2ケーブルカメラを安価でワンケーブル化できる画期的なワンケーブルユニットです。
    ☆同軸ケーブルに映像信号と電源を重畳してカメラ側まで1本の同軸ケーブルで転送する受信機と送信機、電源のセットです。
    ☆カメラ側で電源が取れない場合や、既存の同軸ケーブルのカメラシステムの更新では、ワンケーブルカメラより安価にできます。
    ☆DC36Vアダプター使用。

  • 防犯灯式カメラCL-509

    CL-509は、アナログAHDタイプの4ワットのホワイトLEDを搭載した防犯灯式カメラです。このシリーズの中では近距離用のカメラで犯人の威嚇になりますし、LEDの到達距離は15m先まで暗闇でもカラーの監視や録画が可能です。
    CL-868よりホワイトLEDのワット数が半分位になりますので、LEDの到達距離が15m位になります。
    1)AHD 2メガピクセル SONY 1/2.8" IMX291
    2)最低被写体照度 0.001lux(IR off)
    3)ホワイトLED到達距離 15m
    4)レンズ:固定レンズ4mm/ option 6mm
    5)電源:DC12V 4W
    6)IP:IP66

何か質問がありましたら何でも構いませんのでメールを送って下さい。

商品や機能や価格などの質問に関しては、メールにてお問合せ下さい。新しい商品が多いので在庫が無い時もありますので、事前に連絡をお願いします。
弊社は長年、卸しの仕事をやってまいりましたので、少しはお役に立てるのではないかと思っております。
監視カメラは、ここ数年の間に中国勢がアナログHDの世界でかなりシェアを伸ばしてきました。その理由は、10年以上前から中国からカメラやDVRのサンプルを取ってきましたので感じますが、昔は価格だけが魅力でしたが現在は、価格の低さと高い品質が伴っております。そして、資金力のあるメーカーが多くなってきたので、台湾製の商品よりハード、ソフトの品質が高くなったように思います。

このページの先頭へ